拡大拡大 | 縮小縮小 | 原寸大原寸大 | ウインドウに合わせるウインドウに合わせる | 全体表示全体表示 | 100%

【リオデジャネイロ共同】アルゼンチン中部ロサリオのパラナ川で25日、川遊びを楽しんでいた市民に、ピラニアに似たどう猛な魚の大群が一斉にかみつき、70人以上が負傷した。地元メディアが26日伝えた。7歳の少女を含む子供7人が手足の指の一部を失うなどしたという。真夏のアルゼンチン各地は猛暑に襲われ、中部では25日、気温が38度を超えていた。多くの市民が川で泳ぎ、クリスマス休暇を楽しんでいたという。水温の上昇が魚に影響を与えたとの見方が出ている。魚は地元でパロメタと呼ばれるピラニアの仲間で、これまでも人にかみつくことはあったが、地元救急当局者は「大群が人を襲うのは異常だ」と驚いている。パラナ川はアルゼンチンの首都ブエノスアイレス近くでラプラタ川に合流する。   <25日、アルゼンチン中部ロサリオの川で、魚にかまれた男性(AP)>

Copyright 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital