日米、グアムで「離島奪還」共同訓練を公開 「特定の島、想定せず」

 陸上自衛隊と米海兵隊は22日、米領グアムで行っている離島防衛のための共同訓練で、上陸する場面を報道関係者に公開した。敵に奪われた離島を奪還するとのシナリオ。

 陸自は「特定の国や島を想定していない」としているが、尖閣諸島をめぐる日中の緊張が高まる中、中国にとっては刺激的な訓練となった。

 上陸訓練でボートを使い、沖から砂浜に到着した陸上自衛隊と米海兵隊の部隊 =22日午前、米国・グアム島西部のアプラ港海軍基地(大西史朗撮影)

 22日朝、グアム島西部の米海軍基地内の海岸で、陸自と海兵隊の隊員が同じゴムボートに乗って上陸。陸自隊員は、付近を制圧する想定で小銃を構えて移動した。

 陸自と米海兵隊の共同訓練はこれまで、米西海岸や、日本国内の山間部の演習場で行われてきたが、初めて離島を使って実施。参加部隊も米側が沖縄に司令部を置く第3海兵遠征軍(3MEF)、日本側が九州と沖縄を管轄する西部方面隊で、尖閣諸島など南西諸島を強く意識させる内容となった。(共同)

離島防衛のための共同訓練で上陸する、陸上自衛隊と米海兵隊の隊員 =22日午前、米国・グアム島西部のアプラ港海軍基地(大西史朗撮影)

 上陸訓練でボートを使い、沖から海岸に向かう陸上自衛隊と米海兵隊の部隊 =22日午前、米国・グアム島西部のアプラ港海軍基地(大西史朗撮影)

 上陸訓練でボートを使い、沖から砂浜に到着した陸上自衛隊と米海兵隊の部隊 =22日午前、米国・グアム島西部のアプラ港海軍基地(大西史朗撮影)

 離島防衛のための上陸訓練後、乗ってきたゴムボートを上陸用舟艇(LCU)に運ぶ陸上自衛隊と米海兵隊の隊員 =22日午前、米国・グアム島西部のアプラ港海軍基地(大西史朗撮影)

 離島防衛のための共同訓練で海岸に上陸し、銃を構える陸上自衛隊と米海兵隊の隊員 =22日午前、米国・グアム島西部のアプラ港海軍基地(大西史朗撮影)

PR
特集「ブラジルW杯」
産経フォトウオークおよびフォト講座 2014年開催予定
パノラマで見る被災地の復興
PR

このサイトについて

MSN産経フォトとは

MSN産経フォトとは

日本での出来事や世界情勢をカメラに収めて、集めました。

ユーザー投稿写真とは

ユーザー投稿写真とは

写真報道の新しい試み。ぜひあなたも投稿してください。

写真販売サービス

産経ビジュアルサービス

産経ビジュアルサービス

掲載写真の使用・販売のお問合せはこちらから!

Copyright 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。